googleのロゴが女性に!アンナ・メイ・ウォンってどんな人?

1月22日にgoogleのロゴが女性に変わっていましたね!

ネットでもこの人誰?とかちょっと怖い!という意見も。

調べるところによると、googleのロゴの女性はアンナ・メイ・ウォンさんです。

そこで今回は、1月22日にgoogleのロゴに変更された、アンナ・メイ・ウォンさんについて調べてみました!

スポンサードリンク

googleのロゴのアンナ・メイ・ウォンとは

今回なぜgoogleのロゴにアンナ・メイ・ウォンさんが起用されたのかわかりませんが、何かのメッセージがあるのか?と思っています。

アンナ・メイ・ウォンさんは、ハリウッド初の中国系アメリカ人女優で、妖艶な雰囲気でヨーロッパでも活躍した方。

 

1919年 紅燈祭
1922年 恋の睡蓮
1924年 バグダッドの盗賊

などの作品を落として、有名になりました。

しかしその後は苦労の連続…

 

スポンサードリンク

アンナ・メイ・ウォン人種差別

アンナ・メイ・ウォンさんは、エキゾチックでミステリスな演技で世間を魅了していたが、いつも同じような役ばかりで、東洋人を偏見の目で見る人種差別の苦悩があった。

当時の中国系アメリカ人社会でも、「女優」や「役柄」いいと思ってくれる風潮はなく、悩まされたそうです。

googleのロゴになったもいまだにある人種差別をなくそう!というメッセージかもしれません。

スポンサードリンク

アンナ・メイ・ウォンヨーロッパ進出

23歳という若さでアンナ・メイ・ウォンさんはヨーロッパに渡り

・ドイツ語
・フランス語

を習得。

女優として、どんな役柄でもやるぞ!という心意気でしょうか?

何事もそれぐらいの気持ちで取り組む姿勢が大事ですよね。

ヨーロッパでは一躍有名になり、1929年にはイギリス映画『ピカデリー』で大ヒット。

その後凱旋帰国したが、ハリウッドでは以前と変わらない扱いだっためブロードウェイとヨーロッパを中心に活動していたそうです。

アンナ・メイ・ウォン引退

1930年あたりヨーロッパでは戦争が始まり、アンナ・メイ・ウォンさんは、ハリウッドに帰国。

すでに限界を感じていたアンナ・メイ・ウォンさんは、顔の出ないラジオ番組に出演するようになったが、1942年37歳の時に映画界から引退。

どんなに結果を残しても、白人との結婚が禁じられてたりと厳しい時代に嫌気をさしアルコールに溺れた時期もあるという。

アンナ・メイ・ウォン他界

1949年に『インパクト』という映画でアンナ・メイ・ウォンさんはふっっきを果たしますが、

1961年、肝硬変を煩りサンタモニカの自宅で心臓発作で56歳の若さで他界。

アンナ・メイ・ウォン最後のメッセージ

2003年から2004年にかけて、彼女の伝記や奇跡が出版。

冊と、足跡などがを記した本が出版された。

そして2020年1月22日、Googleは彼女の初主演作『恋の睡蓮』のアメリカ公開97周年をGoogle Doodleとしてお祝い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。