記事構成と書き方

記事構成についてお伝えします。

こちらが記事構成の大枠になります。

記事作成にあたりこのようなイメージを持って作成をお願い致します。

※h3、h4は必須ではありません。少し小難しいかも知れませんが、イメージしておいてください。

記事作成

順番に説明していきますね。

タイトル(左詰めでキーワード入れる。32文字程度)

冒頭文・導入文(250字程度〜300字程度)

⑴メインキーワードを最低2回必ず入れる
⑵本日の記事は何の記事を書くか?
⑶相手にとって価値のある文章(体験談、専門家としてのアドバイス)
⑷共感を意識する(100文字程度)

自分と同じ悩みを持っている人に向けて書く(この文章を読む人はどんな悩みがあるのか?共感できるメッセージをお願いします。)

※わからない場合は、ご相談ください。


H2 大見出し1 あなたの悩みを指摘 原因と根拠、なぜ悩むことに?放っておくとどうなる?)

画像(H2の下にイメージしやすい画像)

・このままだとどうなるか(共感と理解を得る)
・キーワードを意識して共感を得る200~500文字以内
・検索意図に対する答えを知りたくなった理由を明確に
・読む動機付け必要性を与える
・解決策を理解しやすい状態を作る
・最終的には売りたい商品が絶対必要であることまで持っていく


・小見出し(必要があれば)

 

H2大見出し2 (なぜ解消するのか?理論、解決策、方法など)

画像(H2の下にイメージしやすい画像)

・正確なデータ・根拠
・なぜ解消するのか?理論、解決策、方法
・権威性、口コミ:バントワゴン効果(みんなもやっているから)
・解決策を実践しないデメリット
・差をつける部分
・解決策とその根拠(データ、理論、方法、図や絵があると◎)
・箇条書きも可


・小見出し(必要あれば)

 

[オススメの記事のURL”]

H2大見出し3 得られる未来を想像させる(結論)

画像(H2の下にイメージしやすい画像)

このままではどうなってしまうのか?
解決策の実地によってどう変わるのか?
もう一度注意点、後押し
個人的見解

本日のまとめ

・全体のまとめ
・箇条書き可
・感想や見解
・このままではどうなってしまうのか?
・解決策の実地によってどう変わるのか?
・今行動しないことの残酷な未来

 

まずはリライトから始めてみてください

リライトの定義:元記事を参考に別の記事を書く”という意識でお願い致します。

文章の語尾を変えたり、文章を短縮したり引き伸ばしたりすることがリライトではありません。

文章の表現に困ったらこちら

参考
https://thesaurus.weblio.jp/cat/nwnts

リライトの例

元記事
「ダイエットに効果的なトレーニング方法について紹介したいと思います。
トレーニングを行うときには、正しい方法があるにも関わらず、ついつい自己流な方法になってしまう方も多いのではないでしょうか?
今回は正しいダイエットのトレーニング方法と自己流になりがちな注意点をお伝えしていきます。」

 

ダメな例
語尾のです、ます。を変えただけ。文章の流れが同じ。

トレーニングを行う際にはついつい自分のやり方になってしまいますよね。
正しいダイエットトレーニングとその注意点についてお届けしていきます。

 

元記事
ダイエットに効果的なトレーニング方法について紹介したいと思います。
トレーニングを行うときには、正しい方法があるにも関わらず、ついつい自己流な方法になってしまう方も多いのではないでしょうか?
今回は正しいダイエットのトレーニング方法と自己流になりがちな注意点をお伝えしていきます。

良いリライトの例
運動不足と言われる今の時代、ダイエットは欠かせないものであり、中でも『トレーニング』を行うことは根本的な体質改善につながります。

そんなダイエットに効果的なトレーニングにはどんなものがあるか、ご存知でしょうか?

正しいダイエットの方法や、それに伴う正しい方法を身に付けることで、より効率的に理想のスタイルを実現できますよ!

まるで違う文章になるように、記事を書いてみてください。

参考にするサイト+経験+雑誌+webサイトを利用してオリジナル文章の作成をお願い致します。

・段落を変えたり
・言い回しを変えたり
・自分の経験、知識を織り込む

まずは慣れるところからはじめてみましょう。
リライトしてもあまりに記事が似てしまうと、コピーコンテンツとしてみられる場合があります。

そのためコピーコンテンツにならないよう、コピーコンテンツールチェックさせて頂きます。

40%以下でオリジナル文章になるように記事の作成をお願い致します。