ボヘミアンラプソディ大反響!2020年1月にクイーン来日公演

フレディ・マーキュリーの壮絶な半生〜黄金期までの活躍とクイーンの裏側を描いたボヘミアンラプソディは、世界の興行収入は昨年4月10日で8億9916万ドル(約994億円)に。

ボヘミアンラプソディ反響でクイーンの日本来日公演が2020年1月に決定!!2016年ぶりなので4年ぶりにクイーンに会えるチャンスがやってきました。

スポンサードリンク

クイーン2020年1月の来日公演日は?

QUEEN + ADAM LAMBERT – THE RHAPSODY TOUR

2020年1月25日(土)東京 さいたまスーパーアリーナ
2020年1月26日(日)東京 さいたまスーパーアリーナ
2020年1月28日(火)大阪 京セラドーム大阪
2020年1月30日(木)名古屋 ナゴヤドーム

5月7日木曜12時〜受付!!4月26日金曜にチケット詳細紹介
クイーン来日公演チケットはこちらから
チケット詳細ページに飛びますよ↓↓
https://eplus.jp/sf/word/0000000379
スポンサードリンク

クイーンの反響で再びロックの時代が


日本でも昨年11月9日の公開から4月11日までに興収128億5651万円を。ボヘミアンラプソディの観客が一緒に合唱する「応援上映」影響を受けて衝撃を受けて当時のクイーンを知らない若い世代にも熱烈に支持されている。

クイーンは北米ツアーの発表だけだったか、日本ツアーの日程が追加された。

クイーンヒストリー

クイーンのメンバー
ボーカル:フレディ
ギター:ブライアン・メイ、ベースのジョン・ディーコン
ドラムス:ロジャー・テイラー
1971年に結成。

映画のタイトルでおなじみのボヘミアン・ラプソディ」は1975年発表され英国では9週連続1位を記録。最高傑作とも言われている。その後も「愛という名の欲望」「地獄へ道づれ」「ライブ・エイド」世界的な人気を得た。

スポンサードリンク

フレディとのお別れ

91年、フレディはHIV感染症による肺炎のため45歳で他界。その後もブライアンとロジャーはクイーンとして、ポール・ロジャースやアダム・ランバートらと活動を続けている。

ボヘミアンラプソディ大反響!2020年1月にクイーン来日公演まとめ


ファミマでチケット買えます!お見逃しなく!
ファンには楽しみなイベントですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。